マネジメントコース

コース概要

マネージャーが直面する様々な課題を英語で解決し、
論理やニュアンスを備えた戦略的なコミュニケーションスキルを体得します

人員削減・予算交渉・危機対応などマネジメント力の問われるシチュエーションで、課題(タスク)を解決するための英語表現やニュアンスを学んでいきます。ゴールに到達するまで複数のロールプレイが盛り込まれた実践的カリキュラムは、英語力と思考力の双方を効率的に高めます。
管理系・事業系・経営系の3つの分野から、ご自身に関係した分野をお選びいただけます。

こんな方におすすめ

グローバルマネージャーとして、実務ですぐに英語で話したい方に

  • マネージャーとして英語で結果を出したい方に
  • 外国人の部下を英語で指揮する立場にある方
  • 社内外で難易度の高い英会話力が要求される方
  • 文化・慣習の違う海外赴任先などでビジネスされる方
  • 英語と課題解決方法を同時に学びたい方
  • TOEIC® 600~(推奨)

現役の管理職の方はもちろん、管理職を目指されている方、海外赴任中の方など、レベルの高いコミュニケーション力の習得を目指されている方々にご満足いただいています。

レッスンの成果や教材・講師の質などについて実体験に基づく率直なご意見をいただきました。

コースの学習内容

3つのビジネス分野を網羅するか、特定の分野に専念するか
ご自身のニーズに応じて自由にお選びいただけます

各分野には4つのカテゴリーがあり、各カテゴリーは5つのレッスンから構成されています。

キーワードから探す

カテゴリー単位で受講可能ですので、学びたいカテゴリーを自由に選択してください。

管理系

  • 人事・人材
  • 金融
  • 会計
  • 法務
人材と人事1
  • 採用ニーズを評価する
  • 採用面接で経験・経歴を聞く
  • 社員の退職を引き止める
  • 賃金交渉を行う
人材と人事2
  • スタッフ同士の対立を解消する
  • スタッフの人事評価面談を行う
  • 会社都合による解雇を通達する
  • 不正行為を理由に解雇する
金融と会計
  • 損益計算をプレゼンで報告する
  • 収益予測をプレゼンで発表する
  • M&A交渉における対立を緩和する
  • 予算交渉を行う
法務
  • メディアに法的問題を説明する
  • 知的所有権の問題を解決する
  • 社内ハラスメントに対応する
  • 社外への情報開示を調整する

気になるカテゴリーをご体験いただけます。

無料体験お申し込み

事業系

  • 営業・マーケティング
  • 在庫管理
  • 海外取引
  • 社交
営業・マーケティング
  • 顧客のクレームに対応する
  • ベンダーと契約交渉を行う
  • パートナーへ提案を行う
  • 自社製品を宣伝する
在庫管理
  • 製品を発注する
  • 納期を説明する
  • 品質に関する苦情を伝える
  • 納期交渉を行う
海外取引
  • 海外パートナーに協力を求める
  • 国際問題に関し行政と議論する
  • 異文化に対応する(北米)
  • 異文化に対応する(東南アジア)
社交
  • 社交行事への招待に対応する
  • パーティーで雑談を行う
  • 祝辞・弔辞を述べる
  • 仕事を委任する

気になるカテゴリーをご体験いただけます。

無料体験お申し込み

経営系

  • 企画立案
  • 研究開発
  • IT・システム
  • 経営管理
企画立案
  • 企画会議で条件を交渉する
  • 企画会議で意思決定を行う
  • フォローアップ会議を行う
  • 意見交換を行う
研究開発
  • 開発の利益とコストを検討する
  • 生産過程を説明する
  • 期日と予算を管理する
  • 新商品のプレゼンを行う
IT・システム
  • 投資家に事業を説明する
  • IT導入に関しベンダーと検討する
  • システムの更新を説明する
  • サーバー事故に対応する
経営管理
  • 自社・業界をメディアに紹介する
  • 業績を報告する
  • プレスリリースを行う
  • 事業計画の変更を説明する

気になるカテゴリーをご体験いただけます。

無料体験お申し込み

教材例を見る

おすすめの学習方法を見る

身につく5つのステップ

各レッスンは5つのパートから構成されています。それらのステップを着実に進むことにより、与えられた課題(タスク)に対する理解が深まり、確実な解決が可能になります。

  1. 1

    Problem Part

    場面の背景情報を確認し、そのレッスンで解決すべき課題(タスク)を明確にします。

  2. 2

    Goal Part

    レッスンでの学習ゴールと、学ぶフレーズを確認します。
  3. 3

    Reflection Part

    その状況におけるニュアンスポイントや文化の違いによる注意点を学びます。

  4. 4

    Practice Part

    事例を用いたロールプレイ演習で、ここまでに学んだフレーズの定着を確認します。

  5. 5

    Solution Part

    このレッスンで学習したフレーズ・ニュアンスポイントなどを駆使し、まとめのロールプレイ演習で総仕上げをします。

学習サンプルを見る

まずは質の違いをご体感ください。

コース設計メンバーの想い

日本人は和文英訳型の会話で失敗しがちです。私も海外駐在時に、学校英語で相手と接し、表現が場にそぐわず不快感を与えてしまう経験をしました。
本コースの開発では、グローバルに活躍したビジネスパーソンを集め、過去に遭遇したシチュエーションを徹底的に洗い出しました。それを経験豊富なネイティブスピーカーと、各シーンに即した適切な表現とNG表現、その文化的背景を議論・厳選し、教材化しました。
マネージャーが遭遇する場面において、実践さながらのトレーニングを積み重ねることで、相応しい会話力・表現力が身につくよう設計されています。

政元竜彦/Tatsuhiko Masamoto
(株)BBTオンライン代表取締役社長
ビジネス・ブレークスルー大学経営学研究科教授

関連コンテンツ