ビジネスコース

コース概要

実際の様々なビジネスシーンで学ぶため、
どのような状況にも対応できる英語力を養います

状況を説明する・電話応答などの簡単な会話からプレゼン・交渉など高度な会話まで、レベルに応じて様々なシチュエーションで、その場に相応しい英語表現を学んでいきます。
定期的に復習レッスンが行われるカリキュラムは学習した内容の定着を促し、英語を話すことに対する自信を育てます。

こんな方におすすめ

ビジネス英会話で悩み・不安を抱えるすべての多忙なビジネスパーソンに

  • 英語で業務を行うことに苦労を感じている方
  • ビジネスで英語を使う機会がこれから増えそうな方
  • 英語を使うポジションへの転職・異動を希望する方
  • 一般的な素養としてビジネス英語力を高めたい
  • 初心者から上級者まで(TOEIC®の点数は不問)

実際、学生の方から管理職として活躍中の方まで幅広い層の方々が受講され、スキルアップを実感されています。

受講の成果や教材・講師の質などについて実体験に基づく率直なご意見をいただきました

コースの学習内容

ご自身に合ったレベルでの受講と昇級テストで着実にステップアップいただけます

レベルごとにカリキュラムが用意されているので、ご自身に合ったレベルからスタート。次のレベルに進むにはレベル判定に合格することが必要なので、着実にビジネス英会話力を高めていただけます。はっきりした目標を持つことは、英会話学習を継続するモチベーションアップにも繋がります。

コースレベル目安表

初級から上級まで10段階のレベルは、語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格をベースに設定されています。

コース
LEVEL
レベルイメージ 今のスコア(参考)
TOEIC® CEFR

初級

1 英語の自然なリズムに慣れ、挨拶や紹介また質問に対して簡単な受け答えができる 10-210 -
2 初歩的な会話表現に慣れ、ごく簡単な英語表現を使って受け答えができる 210-340 A1
3 限定された話題ならば質問の意味を理解し、基本語彙・表現を使って受け答えができる 340-400 A1-A2

昇級テストに合格すると
次のレベルへ上がる

4 簡単な会話ならば質問の意味を理解し、自主的・積極的に発話することができる 400-470 A2
5 限定された範囲でのビジネス英会話に慣れ、適切な質問や提案を行うことができる 470-600 B1
6 幅広い範囲のビジネス英会話に慣れ、適切な事実説明や感情表現ができる 600-730 B1-B2
7 異文化環境において、適切な情報交換、会議を行ったり、議論をすることができる 730-860 B2

上級

8 ビジネスの現場で詳細な情報を英語で的確に伝え、議論・交渉することができる 860-900 C1
9 ビジョン、ミッションなど抽象的な概念、コンセプトを英語で伝えることができる 900-950 C1-C2
10 複雑なニュアンスを理解したり、相手に伝えることで、ビジネスを効果的に推進できる 950-990 C2

学習の流れ

まずはビジネス英会話力をチェックし、ご自身に合ったレベルからスタート。定期的な復習レッスンにより学習内容を定着しながら受講を進めていただきます。全20レッスン終了したら、昇級テストで次レベルが受講可能かを判定します。

  1. 1

    初回レッスン

    英語での自己紹介やイラストを使用した簡単な会話を元に、適正なレベルを決定します。
    後半では、確定したレベルのレッスンを受講していきます。

  2. 2

    レッスン開始

    ご自分のペースで自由にレッスンを進めていただきます。

  3. 3

    復習

    4レッスン毎にある復習レッスンで、学習した内容をしっかり定着させます。

  4. 4

    昇級テスト

    約20分の昇級テストを行い、合否判定をします。
    合格できなかった場合は、再び昇級テストを受けていただきます。

まずは質の違いをご体感ください。

コース設計者の想い

言語には大切な要素が2つあります。それは目的と場面です。その言葉で何をしたいのか。そして自分は今、どういう状況に置かれているのか。もちろん、英語も例外ではありません。その「目的」と「場面」によって最適な英語表現が決まります。
ビジネスで遭遇するさまざまな場面を想定し、その時々の目的を達成するための最適な英語表現を習得する。本ビジネスコースはそのために設計されています。
講師とのマンツーマンのロールプレイを通じて、その効果を実感してください。
Let’s get started!

青野 仲達/Chutatsu Aono
ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授
ブルーフィールド株式会社 代表取締役社長
株式会社GABA 元代表取締役社長

関連コンテンツ