学習ガイド

英会話のレッスン中に役立つフレーズ

英会話のレッスン中、相手の言った事が分からず困ってしまうことはよくある事です。

「相手の言った事が分からない」と一口に言っても、
・相手の声が小さすぎた
・話し方が早すぎた
・単語の意味を知らない
…など、原因は色々と考えられます。

BBTオンラインが採用しているSkypeによるレッスンの場合は、PCやソフトウェア、ヘッドセット等の機器の問題である場合もあるでしょう。

いずれにしても、適当にごまかしたりせず、積極的に質問して相手を理解するよう努め、貴重な学びの機会を無駄にしないことが大事です。

そこで今日は、そのような場面で役立つ便利なフレーズをご紹介したいと思います。

「相手の言った事が分からない時」以外に使えるものも、「英会話のレッスン中に役立つフレーズ」としてまとめてご紹介します。

<講師の言うことが聞き取れない場合>

すみません、聞きとれませんでした。
Excuse me, I couldn’t hear that.
Excuse me, I couldn’t catch that.

もう一度言ってください。
Could you repeat that?
Could you say that again?

ゆっくり話してください。
Would you please speak more slowly?
More slowly, please.

はっきり話してください。
Would you please speak more clearly?
More clearly, please.

大きな声で話してください。
Would you please speak up?

<音声は聞き取れても意味が分からない場合>

すみません、何を言っているのか分かりません。
I’m sorry, but I can’t understand what you are saying.
I’m sorry, but I’m not sure what you mean.
I’m sorry, but I’m not following you.

もう一度説明してください。
Can you go over that one more time?
Would you mind if we go over that one more time?

別の言葉で言い換えてください。
Could you rephrase that?

~ということですか?
Do you mean ~?
Are you saying ~?

<単語の問題の場合>

~の意味は何ですか?
What does ~ mean?
What do you mean by ~?
What is ~?

スペルを教えてください。
How do you spell that?

発音を教えてください。
How do you pronounce that?

~は英語で何と言いますか?
How do you say ~ in English?

チャットボックスに書いてください。
Could you type that for me in the chat box?

<技術的な問題の場合>

(講師の)映像が見えません。
Excuse me, I can’t see your video.

(教材の)映像が見えません。
Excuse me, I can’t see the lesson material.

(講師の)音声が聞こえません。※全く聞こえない時
Excuse me, I can’t hear your voice.

—————————————

英会話のレッスン中に困ってしまう状況は様々ですが、いずれの場合も以下の点を明確に伝えられるようにしておくと安心です。

①どこがどう分からないのか?
②どうして欲しいのか?

いざという時に慌てず、落ち着いて対処できるよう、今回ご紹介したフレーズは繰り返し「音読」して、とっさの時にパッと口から出るようにしておくことをオススメします。

英会話のレッスン以外でもきっと役立ちますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

ビジネス経験豊富な講師がレベルに合わせて丁寧に対応

【NEW】映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー