ビジネス英語情報

時を表す英単語”by”と”until(till)”の違い

時を表す際に使う英単語”by”と”until(till)”。

どちらが「~までに」で、どちらが「~まで」なのか、混同しやすいですよね。

意味が分かっていても、両者を正確に使うためにはそれぞれ細かい注意点が幾つかありますので、今日は”by”と”until(till)”をじっくりみていきます。

1.by

意味:「~までに」(期限)(= no later than)

例)I have to finish this report by Friday.
(この報告書を金曜までに仕上げなくてはなりません)

※上記の例だと、金曜日より前か、金曜日中に報告書を仕上げる必要があります。

= I have to finish this report no later than Friday.

※金曜日を含めない場合には”before”を使います。

例)I have to finish this report before Friday.
(この報告書を金曜より前に仕上げなくてはなりません)

※”by”は前置詞ですので後に続くのは名詞になりますが、”by the time something happens”とすることで「~が~するまでに」と表現の幅を広げることが可能になります。

例)By the time you get to the office, the meeting will be over.
(オフィスに到着するまでには、会議は終わっていますよ)

2.until(till)

意味:「~まで(ずっと)」(継続)

例)I’ll stay in the office until 21:00 today.
(今日は21時までにはオフィスにいますよ)

※継続を意味するので、一緒に用いられる動詞は上記例文の”stay”のように、持続性・継続性の意味を持った単語に限られます

※但し、否定文では一度だけの動作を表す動詞を使うこともできます。

例)He didn’t come until 10:00 this morning.
(彼は今朝10時まで来なかった⇒10時になってやっと来た)

※”until(till)”は前置詞であると同時に接続詞でもあるので、名詞を続けることも出来ますし、主語+述語の節を続けることも可能です。

例)Please wait till I call you.
(私が呼ぶまで待っていてください)

★”until”と”till”の違い

両者は同じ意味を表しますが、カジュアルな場面では”until”より”till”の方がより一般的です。会話で”until”を使うとやや改まった言い方になります。但し、文頭で使う場合に限っては会話でも”until”の方が一般的です。

★”‘til”とは?

アメリカ英語で、特にカジュアルな場面では”till”のスペルはよく”‘til”と略して表記されます。

例)I’ll stay in the office ‘til 21:00 today.

如何でしたでしょうか?

“by”と”until(till)”、ぜひ正確に使ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

2週間先の6~23時の間でご予約いただけます

映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー