学習ガイド

英語学習の悩みとアドバイス(発音編)

英語学習者の多くが抱える悩みとアドバイスをご紹介します。

発音編

Q.発音が悪いので、人前で話すことに抵抗があります。

相手にきちんと理解してもらうために、発音は良いに越したことはありません。ただ、ネイティブスピーカーのように発音することが大事なのではなく、日本人として「通じる発音」ができれば十分だと考えるようにすれば、抵抗感は少し薄れるのではないでしょうか。

Q.英語らしく発音した方が良いと思うのですが、気恥しくてなかなかできません。

発声も発音も日本語とまったく異なる英語ですので、「英語らしく」発音することに抵抗感を覚える人は少なくありません。日本語で話すときは、さほど抑揚もつけず、ましてや「舌を巻いて音を出す」なんてことはないので、いざ英語でやってみようとすると、気恥しく感じてしまうのかもしれません。

ただ、英語らしく強弱をつけ発音をしたほうが、実際にネイティブスピーカーの耳には英語の音として届きやすいということがあります。日本語と同じように淡々と話してしまうと、英語話者の耳には「日本語の音」として届いてしまう可能性が高いのです。英語で何かを伝えるために、気恥しさをぐっとこらえ、英語らしい発音を心がけてみてください(自分の発音が改善されるとリスニング力の向上にも効果ありです)。

まずはビジネス英会話力チェック(無料)をお試しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事