BBTOの使える表現

【ビジネス英会話で使えるフレーズ】頻度について話すときに便利なフレーズ(2)

BBTオンライン英会話(BBTO)の教材から使えるビジネス英会話フレーズをお届けします。

※本内容はメルマガvol.87(9月27日)の内容です。

【今週のPICKS】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ビジネスコース:レベル3-17(2/2)◆
※ TOEIC目安:340 ~ 400
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【登場人物】
Ayumi & Chelsea: 会社の同僚

【シーン】
同僚の二人は、ランチ休憩中におしゃべりをしている
_________________

では、早速会話を見てみましょう!

【会話】
ネイティブ音声教材はこちら

※今回の会話は、28秒~最後までの内容です。

(Chelsea)
How about you? How often do you cook?

(Ayumi)
Not that often. Once or twice a week, maybe. But I always keep food in the freezer.

(Chelsea)
Always?! Wow, you are so organized!

(Ayumi)
Yes, but I often have so much work that I seldom have time to eat.

(Chelsea) That’s too bad.

_________________

TODAY’S PHRASES (今日のフレーズ)

今回は、前回に引き続き「頻度」に関係する表現をご紹介します。前回ご紹介したフレーズと併せてご活用ください。

How often do you cook?

▼ How often do you + 動詞?

「どのくらい~しますか?」

ある行動の頻度を聞きたいときに使えるフレーズです。
「一日あたり」「一週間あたり」など特定の期間での頻度を聞きたいときは、“How often”のうしろ、または文末にその期間を言及します。

How often do you check emails a day?

<関連表現>

How many times do you cook a week? (具体的に回数を尋ねる場合)

Not that often.

▼ Not that often

「それほどしょっちゅうではない」

頻度を聞かれたときに、「そんなに頻繁ではない」と答えたいときに使える表現です。丁寧に答えたい場面では “I don’t cook that often.”など、文で答えるようにしましょう。

<類似表現>

  • Not very often.
  • Not so often.

Once or twice a week, maybe.

▼ Once or twice +期間

「(ある期間)に1~2回です」

こちらも頻度を聞かれたときの返答に使えるフレーズで「(ある期間に)1~2回」と答えたいときに使います。
ちなみに、回数を表現する際、1回はonce、2回はtwiceですがそれ以上は“three times, four times…”と表現します。

<関連表現>

  • a couple of times(2~3回)
  • a few times(数回)
  • several times(数回)

_________________

【日本語訳】

Chelsea:Ayumiさんはどうですか?どれくらい料理するのですか?

Ayumi:そんなにしょっちゅうではないです。たぶん週に1~2回くらいかな。ただ、いつも食べ物は冷凍庫に保存しています。

Chelsea:いつもですか?すごいですね、とてもきちんとしているんですね。

Ayumi:ええ、でもたまに仕事がありすぎて、食べる時間がほとんどないんですよ。

Chelsea:それはよくないですね。

タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

2週間先の6~23時の間でご予約いただけます

映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー