学習ガイド

【ビジネス英語学習】電話応対の場面で便利なPhrasal Verbs

今回は、Phrasal Verbs(句動詞)の第3弾として、
電話応対をする場面で便利なフレーズをご紹介します。

スケジュール調整に便利なPhrasal Verbsはこちら
会議中に使えるPhrasal Verbsはこちら


職場での電話応対に便利なPhrasal Verbs (句動詞)

電話をかける

・Could you put me through to Mr. Tanaka? (電話をつなぐ)
田中さんにつないでもらえますか?

・Is Ms. Suzuki there? I called her mobile but I couldn’t get through to her . (連絡がつく)
鈴木さんはそちらにいらっしゃいますか?携帯電話にかけてもつながらなかったのですが。

・When do you think he’ll be able to get back to me?(折り返しの連絡をする)
折り返しのご連絡は、いつ頃になるかおわかりになりますか?

(番外編)
句動詞は用いていませんが「~の件で問い合わせたいのですが、こちらでよろしいですか?」と確認したいときは、以下のような表現が考えられます。

・I’d like to make an inquiry about ~. Do I have the right number?
・I’d like to ask about ~. Am I calling the right number?

電話を受ける

・Could you hold on a minute, please? (電話を切らずに待つ)
少々お待ちいただけますでしょうか。

・Thank you for calling. I was just about to ring you up.(電話をかける)
お電話ありがとうございます。ちょうど電話をかけようとしていたところでした。

・I’m afraid but Mr. Tanaka is on another call right now. I’ll tell him to call you back later.(折り返し電話する)
田中は只今取り込み中です。後ほど折り返し電話を差し上げるよう伝えます。

・Let me hand over to the help desk for your inquiry. (引き渡す・引き継ぐ)
その件についてはヘルプデスクにおつなぎします。

問題に対応する

・I can’t hear you very well. Could you please speak up a little?(大きな声で話す)
電話が遠いようなのですが、もう少し大きな声でお話くださいますか?

・Maybe the transmission is not good there. You’re breaking up. (途切れる)
電波が良くないかもしれません。音声が途切れています。

・I’m sorry you couldn’t get through. I switched off my phone, because I was on the train.(電源を切る)
電話がつながらず申し訳ありません。電車に乗っていたので電源を切っていました。

・Can anyone pick up the phone, please? I’m tied up right now.(電話に出る)
誰か電話に出てもらえますか?今、手が離せないんです。


少し直接的な表現が多いかもしれませんが、英語では相手に配慮しつつも具体的に表現することが大切です。電話でも自信を持って対応できるように、繰り返し声に出して練習していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事