学習ガイド

【ビジネス英語学習】話に耳を傾けてもらうには

嬉しいことや驚いた出来事があったりすると、ついつい誰かに話したくなりますよね。そんなときは、どうすれば相手に耳を傾けてもらえるでしょうか。今回はそんな場面で使えるフレーズをご紹介します。

話に耳を傾けてもらえるようになるフレーズ

相手に話を聞いてもらいたいときは、「聞いて」と直接的に表現する方法や「伝えたいことがある」など婉曲的に前置きをして表現する方法があります。

「聞いて」とダイレクトに表現する

Could you listen (to me)?
聞いてもらえますか?

Please hear me out.
最後まで聞いてください。

Could you listen to my story?
話を聞いてもらえますか?

「聞いてほしいことがある」と婉曲的な前置きをする

I have some big news.
大事な報告があります。

I have something to tell you.
話したいことがあるんです。

There’s something I need to tell you.
お伝えしないといけないことがあります。

「何があったと思う?」など興味を引くような前置きをする

Guess what…today is my birthday!
何だかわかる・・・?今日誕生日なんだ!

You know what? Mr. Suzuki got promoted to manager.
ねえ、知ってる?鈴木さん、マネージャーに昇進したんだって。

Guess who I saw today. I saw a Hollywood star!
今日、誰を見かけたと思う?ハリウッドスターに会ったんだ!


このように前置きをすると、相手も話を聞く態勢を整えることができ、会話全体もスムーズに進めやすくなるはずです。

まずはビジネス英会話力チェック(無料)をお試しください!

タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事