学習ガイド

【English Learning Tips】『ほめ上手』になって会話力もアップ?

英語に限らず、相手を褒めることってなかなか難しいことですよね。日本には謙遜の文化があるせいか、褒めることも褒められることも苦手という人がわりと多いかもしれません。

一方、英語圏では一般的に人をよく褒めます。褒めることは相手を尊重することにも繋がる大切なことで、普段のちょっとした会話でも相手を褒める文化が根付いています。

そこで今回は、相手を褒めたい場面で使えるフレーズをご紹介します。私たちが英語でコミュニケーションを取るときも、できれば自然に相手を褒めて、お互い気分よく会話を楽しみたいものですね。
『ほめ上手』になって円滑なコミュニケーションを目指しましょう。

相手を褒めるときに使えるフレーズ

気持ちを込めて、状況に適した言葉を伝えましょう!

一般的な誉め言葉

「すごい」「すばらしい」など、称賛したいときに使える一般的な表現です。
That’s great / excellent / brilliant / amazing / incredible / fantastic! etc.

成果への賛辞

「やりましたね」「いい仕上がりですね」と表現して称賛します。

●You did a great job!
●You made it!
●This is really well done!

改善・上達への賛辞

「前より良くなっている」と表現して称賛します。

●You are getting better!
●You are becoming much better!
●You are improving a lot!

目上の人への賛辞

日本語でもそうですが、目上の人を褒めるのは一般的に失礼にあたります。
目上の人には、感謝の気持ちや敬意を表して間接的に賛辞を贈りましょう。

●I appreciate your advice.
●I learned a lot from your presentation.
●I hope I can do it like that one day.

なお、自分が褒められたときはそれを素直に受け止めて、“Thank you.”と感謝の言葉を返したり“I’m glad to hear that.”と嬉しい気持ちをサラッと伝えられたりするといいですね。

タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

2週間先の6~23時の間でご予約いただけます

映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー