学習ガイド

English Learning Tips「文法は『習ったら慣れよ』」

ビジネスに特化したオリジナル教材を使って体系的に学べる英会話サービス、
『BBTオンライン英会話』です。

みなさん、文法は好きですか?
「文法大好き」という方は少数派かもしれませんが、文法は英会話を習得するうえで、欠かすことができないものですよね。
今回は、そんな文法の重要性について、みなさんと一緒に再確認してみたいと思います。

まずは、こちらの2文をご覧ください。

1) I like you. 
2) I liked you.

上記2文は、基本構造は同じで時制だけが違います。時制が違うだけですが、意味が全く異なります。
1)「今現在、あなたのことが好きだ」
2)「あなたのことが好きだった。今はどうかわからない(嫌いかもしれない)」
英文としてはほんのわずかな違いのようですが、時制を間違えると、とんでもない間違いになる可能性もあるという例です。

もうひとつ例を見てみましょう。

1) I like dogs.
2) I like the dog.

今度の例も、基本構造は同じですが、目的語の “dog”の部分だけが違います。
1) 犬が全般的に好きであること
2) ある特定の犬のことを指して「『あの犬が』好きだ」
ということを意味し、こちらも意味は大きく異なります。
これを使い分けるには、定冠詞に対する理解が大切ですね。

さて、今回ご紹介した2つの例だけでも、文法の重要性が垣間見えると思います。
とはいえ、英会話で必要なのは、高度な文法ではなく、中学で学ぶ基礎文法の知識です。
そして、それは頭だけでなく、使うことによって定着するものでもあります。

上達を左右するのは、得た知識を自分の言葉として使っているかどうか、つまり「習ったら慣れよ」をどれだけ実践しているかどうかです。
英会話を練習するときは、次々と高度な文法知識を得ることよりも、基礎文法の知識を根気よく使って、文法の運用力を伸ばすことを優先しましょう。
何度も何度も言ってみる、それが会話力を次のレベルへと押し上げてくれる、筋トレのようなものとなるでしょう。

<このブログをご覧の方におすすめ>

Eメールアドレス登録(無料)だけでフレーズや単語等の新着情報などが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

ビジネス経験豊富な講師がレベルに合わせて丁寧に対応

【NEW】映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー