学習ガイド

English Learning Tips「『よろしく』から考える英語らしさ」

ビジネスに特化したオリジナル教材を使って体系的に学べる英会話サービス、
『BBTオンライン英会話』です。

突然ですが、日本語の『よろしく』って便利な表現ですよね。
日々、様々な場面で使われています。でも、これをとっさに英語で表現するのは、意外と難しくありませんか?
今回は、『よろしく』を英語で言い表してみることで、英語らしく表現するためのヒントを見つけたいと思います。

さっそくですが、『よろしく』を英語で言ってみましょう。どれが正しいでしょうか?

1) It’s pleasure to meet you.
2) Could/Would you ~, please?
3) I appreciate your continued support.

正解は・・・
実は、上記の文はすべて正解です。解説を見てみましょう。

【解説】
1) It’s nice/pleasure to meet you.
初対面の場面での『よろしく』:初めて会ったので挨拶をしたい

2) Could/Would you ~, please?  
依頼の場面での『よろしく』:「(相手に)~をしてください」と言いたい 

3) I appreciate your continued support.
メールで締めの言葉として『よろしく』:「今後とも、お付き合いください」と言いたい
 
このように、『よろしく』という表現は、様々な場面で異なるニュアンスをもって使うことができます。
便利である一方、この汎用性の高さが、英語に置き換えることを難しくしているようです。

これを踏まえ、英語に置き換えるときは、字面だけで判断せず、「どのような状況で」「何を伝えたいのか」ということに、一度立ち返ってみることをおススメします。
そのうえで、伝えたいことを英語に置き換えるという発想をしてみると、少し英語でも表現がしやすくなるのではないでしょうか。

ところで、この『よろしく』に限らず、日本語では、文脈によって表現の意図が異なることがよくあります。
また、聞き手が文脈を理解し、話し手の意図を「察する」ことも、日本語コミュニケーションの特徴のひとつです。
察する文化があるがゆえに、表現の仕方が曖昧だったり、主語が抜けていたりしても、コミュニケーションが成り立ってしまうことが多いのです。

一方、英語では、主語や目的語が抜け落ちていたり、表現が漠然としていると、聞き手の理解はとても難しくなってしまいます。
また、日本ほど「察する」ことは重視されず、情報を正確にわかりやすく伝えることが話し手には求められます。

このような違いを踏まえ、英語で表現するときは、より具体的な表現を心がけましょう。
また、相手に察してもらうことを期待せず、わかりやすい表現を意識することも大切ですね。
ちょっとした心がけですが、そうすることで、また一歩、英会話の上達へと近づいていくはずです。
____________________

<このブログをご覧の方におすすめ>

Eメールアドレス登録(無料)だけでフレーズや単語等の新着情報などが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

2週間先の6~23時の間でご予約いただけます

映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー