学習ガイド

English Learning Tips「英会話には何が必要?」

みなさん、こんばんは。
ビジネスに特化したオリジナル教材を使って体系的に学べる英会話サービス、
『BBTオンライン英会話』です。

前回は「『使う≒話す』練習」の重要性についてお話しました。
今回はより具体的に、何を学び、どう練習すればよいのかを、少し掘り下げて、
英会話に必要な要素を見ていきましょう。

英会話に必要な要素、
それはずばり「知識と運用力」「会話の技術」、そして伝えたいという「意思」です。

言葉を使ってコミュニケーションを取るには、単語はもちろん、
慣用表現や用語など、考えを伝えるための語彙力が必要です。
ただし、それらはただ覚えればよい、たくさん知っていればよい、
というわけではありません。
意味や使い方、使えるシーンを理解し、自分で使えるように練習することが、
英会話においてはとても大切です。
特に、単語は知っているだけでは、文は組み立てられません。
丸暗記に頼らず、自分の考えを適切な文に組み立てて相手に伝えるには、
その言葉のルール、つまり文法知識も必要です。

加えて、会話でやり取りをするには、文字の知識ばかりでなく、
音声の知識や練習も必要です。
英語の音を聞き取り、意味を理解すること。
そして、みずから発音(発話)する力も要求されます。

さらに、特にビジネスにおいては、
日本語での会話と同様、英語もただ話せればよいというものではありません。
聞き手が理解しやすいように話をまとめる力や、
相手と打ち解け、不快感を与えず、
気持ちよく会話を進める会話としての技術も、伸ばしたいところです。

そして最後に、忘れてはならないのは、相手に伝えたいと思う気持ちです。
気持ちは必ず自分の言葉に表れるもの。
英語をただ「言う」のではなく、
気持ちを込めて自分らしい言葉で話すことを意識してみましょう。

<このブログをご覧の方におすすめ>

Eメールアドレス登録(無料)だけでフレーズや単語等の新着情報などが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン英会話を始める人の98%が読んでいるメルマガ(無料)※当社受講生

ビジネス経験豊富な講師がレベルに合わせて丁寧に対応

【NEW】映像配信講義サービス「BBTオンライン英会話+(プラス)」

人気の記事

カテゴリ

タグ

twitterでフォロー

rssでフォロー