ご利用ガイド

レッスンを受講する

予約日時になったら、下記の手順でレッスンを開始してください。なお、レッスンの予約方法についてはご利用ガイド レッスンを予約するをご覧ください。

STEP01 ログインして、準備する

ホームページからログインする

レッスンを受けるには、会員向けページにログインする必要があります。ホームページにあるログインボタン、または下記のログインボタンをクリックしてください。ユーザIDもしくはメールアドレスと、パスワードを入力すると、マイページに移動します。
iPoneやiPadでのご受講はPCからのログインでは無く、BBT Onlineアプリケーションからのログインが必要となります。
詳しくは「iPhone・iPadをご利用の方へ」を参照下さい。

会員ログイン
設定の確認をする

まず、スカイプが起動していることを確認して下さい。続いて「レッスン受講のための設定を確認する」ボタンをクリックしてください。スカイプ等の設定が正しく行われているかチェックできます。

STEP02 スカイプを起動して、先生からのコールを待つ

予約した日時になったら5分前までにスタンバイ!

予約時間の5分前には着席し、【1.セッション準備ページを開く】ボタンをクリックしてください。セッション準備ページへと移動します。

時間が来たら「セッションを開始」をクリックしてください

予約したレッスン時間になったら【セッションを開始】ボタンをクリックしてください。セッションページに移動します。

講師からの「承認のリクエスト」を承認する(詳しくはこちら)

講師からスカイプで【承認のリクエスト】があったらそのボタンをクリックして承認してください。 これによりスカイプのText Message欄の利用が可能となります。

講師からのコールを受ける

講師から開始時間にスカイプコールがあります。緑の【スカイプ受話器】ボタンをクリックして会話を開始します。

トラブルシューティング

講師からコールがない時は、受講生様側のスカイプの設定に不具合がある場合がありますので、【Call Me】ボタンをクリックして下さい。 直接講師につながります。

レッスンマテリアルの共有

レッスンマテリアル(教材)の共有は、講師の方から行います。 許可が出るまでは内容を見ることができませんので、この画面が出た場合はそのままお待ちください。

カバー写真(Cover)

全レッスンは通常2人の会話シチュエーションの写真から始まります。 これは示されるシチュエーション内で使われる重点会話機能の視覚補佐となります。 通常の挨拶等の後、インストラクターは、生徒が言語理解と文化理解においてどの程度準備できているのかチェックすることから始めます。 挨拶とチェックは各セッション始め2、3分内で行います。インストラクターはその中で、生徒がどのペースで進めばいいか考えをまとめます。

カバー写真
会話(Conversation)

2番目は会話です。カバーで提示されたシチュエーションに基いた、モデルスピーチ練習です。 インストラクターと生徒はそれぞれ役につき、重点英語シチュエーション内のキャラクターのセリフを読みます。 モデルスピーチの目的は、その後レッスン内で出てくることになる文を中心に、インストラクターの見本(モデル)通り、発音、言葉とフレーズの明確さを練習することです。 必須ではないものの、生徒が文脈以上の感覚をよりつかめるよう、2度繰り返し、役を交代する練習が最善です。 モデルスピーチ練習は大体2、3分で行います。これ以降、生徒はすでに状況を理解し、 会話シチュエーションの範囲内で重点会話内容の練習を始められる状態にあることが望まれます。

会話
練習(Practice)

語学習得の会話における重要ポイントが、この3番目の練習セクションで拡大されます。 このセッションで生徒は正確さと流暢さに重点を置いたいくつもの練習を重ねます。 練習を通して、生徒はニュアンスや、実践的応用や異なった文化背景におけるバリエーションも習得すべきです。このセクションでは、 重点会話内容やシチュエーションに沿う限り、疑問の解明や詳細にわたるディスカッションも奨励されています。 練習パートがレッスンのメイン部分と考え、インストラクターと生徒はしっかり丁寧に15分ほど取り組みます。

練習
練習(Practice)

語学習得の会話における重要ポイントが、この3番目の練習セクションで拡大されます。 このセッションで生徒は正確さと流暢さに重点を置いたいくつもの練習を重ねます。 練習を通して、生徒はニュアンスや、実践的応用や異なった文化背景におけるバリエーションも習得すべきです。このセクションでは、 重点会話内容やシチュエーションに沿う限り、疑問の解明や詳細にわたるディスカッションも奨励されています。 練習パートがレッスンのメイン部分と考え、インストラクターと生徒はしっかり丁寧に15分ほど取り組みます。

サマリー

STEP03 フィードバックがあります

レッスン受講後講師により記載される、当日学習した単語やフレーズ、注意すべきポイント、強み、弱み、等の個別指導例で、これを利用して効率的に学習出来ます。

拡大図を見る

無料体験の申し込み、資料のダウンロード

無料体験の申し込み、資料のダウンロードはこちらからどうぞ。

ご相談ダイヤル 050-5534-8541 受付時間:[平日]9:30~17:30 [土日祝]休み
よくある質問 お問い合わせ
サービス案内 ダウンロード
¥0 無料体験 申し込みはこちら