BBTオンライン スタッフブログ

カタカナ英語に要注意!-ペットボトル

気をつけなくてはならない和製英語をご紹介するシリーズ、
今回は「ペットボトル」です。
 
暑くなってくるこれからの時期、ペットボトル入りの清涼飲料を
飲む機会も多くなってくるかと思いますが、
それを英語で表現する時には注意が必要です。
 
まず確認までに、日本語で「ペットボトル」は何を意味するか?
これは説明するまでもありませんね。
このようなプラスチック製の瓶をイメージされることと思います。
 
ペットボトル.jpg
 
しかし英語で「pet bottle」と言うと・・・?
実は、英語では「pet bottle」という言葉はないのです。
強いていえば「pet」(愛玩動物)+「bottle」(瓶)という事で
このようなイメージを持たれてしまうことが多そうです。
 
ペットの哺乳瓶.jpg
 
動物の赤ちゃんにミルクをあげるための哺乳瓶。
これではだいぶ意味が異なりますね。
 
日本語の「ペットボトル」を意味する英語は「plastic bottle」です。
使う場面に出くわしたら気をつけてください。
 
また、中身の商品名を用いて「商品名+bottle」という表現も可能です。
例えば、「Coke bottle」など。この場合の中身はコカコーラです。
 
同様に「a bottle of 商品名」もOKです。
同じ例を使えば、「a bottle of Coke」ということになります。
 
例文を挙げておきましょう。
‘Could you please pass me that Coke bottle?’ 
‘Could you please pass me that bottle of Coke?’
(そこにあるコーラのボトルを取っていただけませんか?)
 
ちなみに、日本語でなぜ「ペットボトル」と呼ばれているかと言うと、
語源由来辞典によれば、ペットボトルの「ペット」は愛玩動物の
意味ではなく、ポリエステルの一種「ポリエチレンテレフタラート」
(Polyethylene terephthalate)のことで、略して「PET」とされているそうです。
そのPET製の容器なので「ペットボトル」と呼ばれるようになったのですね。
back Vida Manalo講師の自己紹介 next ビジネスで頻出の英熟語-Drag one's feet